出会いskyhealthclub.com

0

セフレ募集~テレクラの欠点~

テレフォンクラブ、通称テレクラが一時代を築いたのは20年ほど前です。
電話の時代から、パソコンの時代、携帯電話の時代と変化し、テレクラは主役の座から落とされたのです。
セフレを募集するにあたり、テレクラは無駄だ、というわけではありません。
テレクラはセフレを募集するのにも有効に使えます。
しかし、出会い系サイトやナンパ、セフレ掲示板という媒体と比較すると、テレクラの有効性は下がってしまいます。
セフレ募集でなければ、楽しみ方はたくさんあります。
一人で女性から電話が掛かってくるのを待ちながら、人生のことをまったり考えることができるし、ビデオを見ながらのんびり過ごすことも可能です。
色々な活用方法がテレクラにはあるのです。
あるのですが、やはりセフレ募集出会いにはテレクラは一歩遅れてしまいます。

■お金がかかる
テレクラの店舗によって異なりますが、テレクラは通常、1時間に2000円前後の料金が必要です。
2時間だと倍額、3時間だと3倍、という風に、倍額のお金が掛かっていくのです。
5時間利用すると、1万円になってしまいます。
ラブホテルの安い部屋を借りて、おつりがくる料金を使わなければならないのです。
1時間で、性行為ができる女性をゲットできれば格安ですが、簡単には見つかりません。
約束を取りつけて、待ち合わせの場所に行っても、待ち合わせの場所に来ない女性も多いのです。
出会い系サイトだと、相手に送ったメールの料金だけで済みます。
早めに相手の連絡先を訊けば、格安です。
相手の女性を待っている時間にお金は掛かりません。
最近だと、出会い系で完全無料のアプリがあり、これだと料金は一切かかりません。
ナンパでセフレを探すという手も考えられます。
この方法も、出会い系サイトの無料版と同じく、相手の女性を見つけるまでにお金がかかりません。
セフレ募集にあたり、出会い系サイトやナンパと比較してテレクラは、料金の発生という点において一歩リードされていると言えます。

■時間に縛られる
テレクラの欠点として、時間に縛られるということが挙げられます。
テレフォンクラブという場所に行く場合、個室に入り、女性から電話が掛かってくるのを待ちますが、そのあいだ、個室から動くことができません。
個室なので、電話を待ちながら、学校のレポートを書いたり、会社の資料を仕上げたりすることはできます。
しかし、自宅ではないので、必要な資料が手元にない場合など、ロスタイムにつながるのです。
カードを購入して、自宅からテレクラを利用し、女性からの電話を待つことは可能です。
携帯電話を利用して、テレクラの利用もできますので、コンビニに行くことも大丈夫です。
カードを利用する方法だと、確かに電話を待っている時は問題ありません。
電話が掛かってきたときが問題なのです。
話しながら他の作業ができなくなってしまうという欠点があり、恥ずかしがり屋の場合、テレクラを利用している声を聞かれたくないという心理が働きます。
他の作業をしなければいいのですが、出会い系サイトと比較した場合においては、マイナスなのです。
出会い系サイトは、文字を打ち終えれば、あとはフリータイムです。
洗濯や掃除ができますし、何人もの女性にメールを送ることもできます。
出会い系サイトは履歴が残るので、テレクラのように、電話に出られなかった、という取り逃がしの心配はいりません。
ナンパの場合も、好きな時に声を掛ければいいのです。
セフレを探すにあたり、テレクラは短時間というスパンで考えれば、マイナスの点が多いと言えます。
でも、長時間ではそう言い切れません。
テレクラは、すぐ性行為に持ち込める可能性が高いのです。
出会い系サイトだと、援助交際だとすぐ出会えますが、セフレ募集の場合には時間が掛かります。
掲示板に文字を打ち、信用を得てようやく出会えるのです。
テレクラだと、性行為目的の女性が結構いますので、初めから割り切った関係で性行為ができ、頻繁に会える確率が高いと言えます。
また、出会い系だとGPS機能で近くの人を探しますが、GPS機能には誤差があり、女性が案外遠くに住んでいることは少なくありません。
テレクラだと、出会い系サイトに比べ、近くに住んでいる人と会えることができるので、この点では、セフレ募集には適していると言えるのです。
時間を短期的に見れば出会い系サイト、長期的に考えればテレクラに分があると言えます。

■女性客の問題
テレクラと出会い系サイトを比較した場合、テレクラは女性の利用者が圧倒的に少ないという欠点があります。
女性客が多い方が、セフレを募集する時には圧倒的に有利です。
男性客は、例えば女性客が1人でも集まります。
1人の女性を10人の男性が奪い合うのと、5人の女性を10人の男性が狙うのでは、まったく別物です。
出会い系サイトは、簡単に、気軽に利用できるという長所があります。
利用客がテレクラから出会い系サイトに流れてしまったのです。
現在では、テレクラの女性の利用者は、遊びの気分で電話をしてくる女子高生の集団や、医療系の女性が多いです。
女性高生の集団は、電話では1人と告げて、待ち合わせ場所にくる男性を遠くから眺めるという遊びをします。
女子高生と性行為をすることは法律で禁止されていますが、仮に女子高生を狙う場合、テレクラでは不可能に近いのです。
医療系の女性は、待ち合わせ場所にくる確率は7割ほどです。
残りの3割は、行く気が失せたか、他の男性を見つけたかです。
待ち合わせ場所にくる7割のうち、男性と会うのは2割ほどだと考えられます。
残りの5割は、遠くから男性を見て、会うのをやめる人たちです。
テレクラで会いにくる女性は、美人もいますが、可愛くない女性がかなりいるので、利用する女性客の数と質という点から、出会い系サイトが有利と言えます。